こんにちは。

海のアイドル、ぽちまりです!

本好きのざしきちゃんと一緒に、

今日は絵本をご紹介することになりました

第9回目の今回オススメするのは、

ヨシタケ シンスケさんの「このあとどうしちゃおう」です。

今や有名なこの作家さんの絵本

人魚界でもとっても流行っているんですよ〜

 

 

ざしきちゃん、こんにちは。

ポプコレものがたりの本編ではまだ出会っていないけれど、

そこはパラレルワールド的なアレでお願いします。

 

 

ぽちまりさん、こんにちは。

わぁ〜

『人魚』って昔から噂されているように、

本当に美しいんですね・・・

 

 

はっ!

ざ、ざしきちゃん、ありがとう!(嬉しい!)

私たち人魚は、みんなとても綺麗なんだけど、

私のママはその中でも「ミスマーメイド」

をとったくらい美しいの!

 

 

そうなんですね、「ミスマーメイド」

お母様すごいじゃないですか。

そういえばマーメイドという呼び方は、

若い女性の人魚に使われると聞いたことあります。

ちなみに男性の人魚はいるのですか?

 

 

もちろんいます!

男性の場合はマーマンといいます。

 

 


え?

パーマン?

 

 


いえ…

マーマン。

 

 



このあとどうしちゃおう」

 

作:ヨシタケシンスケ

発行所:ブロンズ新社

定価:1,400円+税

ページ数:32ページ

サイズ:25.7×20.5cm

 

 

(※画像をクリックすると、Amazonの購入ページに移動します)

 

死んだおじいちゃんの「このあと どうしちゃおう」ノート

を見つけた男の子。

『自分が 将来 死んだら どうなりたいか』が、書いてあるノート…

おじいちゃんの描いたユーモアたっぷりな天国

「うまれかわったらなりたいもの」

「こんなかみさまにいてほしい」など、

なんだか楽しいおじいちゃんの想像の世界。

でも、ふと男の子は考えるのです。

「もしかしたら逆だったのかもしれない」

 

 


「あの世」を想像する人は多いですよね。

生まれ変わり、来世ですか…

何を信仰するかで次の人生が変わるのかもしれませんね…

ブツブツ…

 

 

ざ、ざしきちゃん??どうしたの??(戻ってきて〜)

私のおすすめは、ヨシタケ シンスケさんの描く

「このあと どうしちゃおう」です。

初めてパパが買ってきてくれた日、すごくワクワクして

読んだのですが…

最初におじいちゃんが死んでいて、びっくりしました。

 

 

確かに!

私もこのお話読みましたが、ほのぼの、

そしてちょっとホロリとくるおじいちゃんの妄想が

たまらない絵本ですね

 

 

自分の担当かみさまがいるなんて、素敵!

これだと天国に行くのも怖くないかも。

 

 


そうですね

こんなに明るいあの世なら悪くないかも…

こんなお墓を作って欲しい、

とおじいさんが言っているけれど

私ならベンチ型がいいな。

のんびり空を眺めたり、団子を食べたりとか…

 

▲ざしきちゃんが座りたい『ベンチがた』(一つめのイラスト)

 

 

ざしきちゃん、小さいのに団子って…

団子を食べたりとかなら、

ざしきちゃんできますよ!

今できることは、今しましょう!

 

 


・・・ぽちまりさん。

あなた今、まさに確信に触れましたよ。

もう少しで作者の伝えたいメッセージを

受け取ることができますね。

このお話は、最後にグッと考えさせられるテーマが

あるんです。

 

 

え?

私が?今?

 

 


えぇ、今さっきです。

ぽちまりさんは先ほど

とてもいいことを言っておられました。

 

 

私が・・・?

 

 


はい。

 

 

(心配でついて来ていたつっきー)

ぽちまりちゃん!大丈夫よ。

帰ってもう一度読み直しましょう!

 

 

——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*

楽しい絵本がいっぱい!
ヨシタケ シンスケさん​のページはこちら
http://www.osoraku.com

——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*

わたし、ぽちまりが活躍するお話はこちら
http://www.popcolle.co.jp/blog/2017/09/01/story_pochimari_01/

——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*

 

また会えますように!ぽちまりでした

ちゃお❤︎

 

<絵本紹介特集ページに戻る>