こんにちは。

ポプコレスタッフハナコです。

 

今回ご紹介する絵本は、たまたま入った北欧食器のお店で

紹介されていたのですが、もうかわいくって!

 

そんな訳で、私にしては珍しく、新しい!

2013年に発行された北欧生まれの絵本のご紹介です。

 

 


 


「キュッパのはくぶつかん」

 

作:オーシル・カンスタ・ヨンセン

訳:ひだに れいこ

発行所:福音館書店

定価:1,300円+税

ページ数:32ページ

サイズ:30×22cm

 

キュッパのはくぶつかん (福音館の単行本)

(※画像をクリックすると、Amazonの購入ページに移動します)

 

キュッパは、いろいろなものをあつめるのがだいすきな、

まるたのおとこのこ。

でも、はこもひきだしも、もういっぱい。

キュッパは、おばあさんのアドバイスで、集めたものを分類し、

ラベルをつけて、それを展示して、記録に残しました。

そして、最後は・・・。

 

 


 

 

・・・とにかく、キュッパの斬新さを知ってもらいたい。

 

 

いきなり、どうしたの?

 

 

この絵本の主役の男の子・・・

丸太なんです。

 

 

丸太!

・・・作者の方がノルウェー出身なので

木とか森とかが身近だから、北欧ではふつうなのかしら?

 

 

しかもおともだちはもみの木!

 

 

ほかのキャラクターも個性的。

・・・ところで、お話はどんなお話なの?

 

 

このおはなしは、ぜひ片付けられない収集癖のある方にも

読んでいただきたい絵本なんです!

 

 

キュッパ君は、本当に収集癖のある男の子ですね。

道を歩いて面白いものを拾ってきちゃう。

 

 

キュッパのいいところは、

拾ってきたものをちゃんと調べて

分類してラベルまでつけてるんです。

 

 

すごい!

既に整理整頓できてる!

 

 

でも、ものが増えすぎてしまう場所がない!

どうしよう!

っというところから、博物館を作ってみるんです。

 

 

分類できてるからできることですよね〜。

 

 

でも、この絵本を読んでいて、思ったんです。

「こんな子供が実際にいたらかわいい」

 

 

いや、お母さん大変でしょ!

 

 

でも、実際に近所の子とか、友達の子がやっていたら

すごくかわいいし、絶対に見に行きたい。

 

どなたか、実際にお子さんがキュッパになり得そうだったら

ご一報ください!

 

 

勝手に募集しないでください!

とはいえ、お子さんが夢中になっていることは、

家族だけでなく、周りのみんなでのばしてあげたいですね。

 

 

 

<もしも私がこの絵本に入り込んでいたら・・・>

バラエティ豊かな面々と一緒に、

ポスターを持って宣伝して歩きたい!

 

 

 

チラシを配るではなく、ポスターを持って練り歩く。

 

 

すごい面々。笑

ハナコさんも少し大きくなっている・・・。

 

 

 

いや、このメンバーで宣伝するなんて

滅多にないことでしょ!

 

ちなみに、キュッパのシリーズはもう一冊出てます。

 

 

キュッパのおんがくかい (福音館の単行本)
(※画像をクリックすると、Amazonの購入ページに移動します)

 

このシリーズは、イラストもかわいいですよね。

とにかく今注目の絵本です。

 

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

さて、またそのうちご紹介させて頂きます!

お楽しみに〜。

 

 

 

<絵本紹介特集ページに戻る>

 


 

*.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.

 

スタッフハナコも使っているイヌメンZのLINEスタンプは<こちら>

 

もちろんハナコもフォローしているイヌメンZのつぶやきは<こちら>

 

スタッフハナコの絵本紹介「かばくんのふね」の記事は<こちら>

 

スタッフハナコの絵本紹介「ぐりとぐら」の記事は<こちら>

 

スタッフハナコの絵本紹介「もりのなか」の記事は<こちら>

 

スタッフハナコの絵本紹介「茂吉のねこ」の記事は<こちら>

 

スタッフハナコの絵本紹介「どろんこハリー」の記事は<こちら>