こんにちは、びよびよです。

 

 

今日はざしきちゃんとお届けするおすすめ絵本のご紹介です!

 

 

 


 


「おしいれのぼうけん」

 

作:ふるたたるひ

たばたせいいち

発行所:童心社

定価:1,300円+税

ページ数:80ページ

サイズ:26.6×19.1cm

 

おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)

(※画像をクリックすると、Amazonの購入ページに移動します)

 

お昼寝前に、ミニカーのとりっこでけんかをした

さとしとあきらは、先生に叱られておしいれに

入れられてしまいます。

そこで出会ったのは、地下の世界に住む恐ろしい

ねずみばあさんでした。

ふたりをやっつけようと、追いかけてくる

ねずみばあさん。

でも、さとしとあきらは決してあきらめません。

手をつないで走りつづけます―。

 

 


 

 

 

結構な長編ですよね。80ぺージ!

 

 

 

ですね、結構ボリュームあります。

この絵本、娘が4歳の時に買ったと思うのですが、

「まだ早いかも」としばらく寝かした本でもあります。

 

 

 

もったいない(笑)とりあえず読んでみたらよかったのに〜。

どうでしたか?娘さん、ちゃんと聞いてくれました?

 

 

 

途中で飽きちゃうかも、と思ったのですが最後まで集中して聞いてくれましたよ。

「この長さいけるんだ〜っ」て

感動したのを覚えています。

 

 

 

小さいお子様には怖くないですか?

押入れに閉じ込められるし。

 

 

 

今同じことやると問題になりそうですよね〜。

娘はむしろ押入れに閉じこもるの好きだったので内容を怖がりはしませんでした。

 

子供の頃はこういう想像してたんじゃないかな〜と

思いながら読んでました。だから長くても子供達は聞いてくれるのかな?

 

 

ただ、

私が「ねずみばあさん」を怖くやりすぎたみたいで

しばらくこの本は嫌がってましたけど・・・。

 

 

 

店長加減してあげて(笑)

 

「あきら」と「さとし」が手を取り合って

怖いはずのねずみばあさんに対峙しながら

冒険していくのはワクワクしますね。

 

 

 

そうですよね。

読みながらこの子たちは強いな〜と感心しちゃいました。

恐怖にうちかっちゃう。

お友達と一緒やったからいけたのかな?

 

この表紙も目を引きませんか?

暗闇の中二人が手をつないでるの。

 

 

 

絵本なのに黒いのが目を引きますよね。

店長このタイプは表紙買いはしなさそうなのに珍しい。

 

 

 

昔読んで懐かしかったのと、やっぱり

ロングセラーの名作は読んであげたかったんです。

 

今でも本棚で異彩を放ってますが(笑)

なんでしょう・・・

本の内容を象徴している気がしてすごい印象的です。

 

内容はあんまり覚えてなかったはずなのに

本屋さんで表紙を見て、ふわ〜っと思い出しました。

 

 

 

小学校の読み聞かせでもう読みました?

 

 

 

私は読んでません。

でも、他のお母さん方がすでに何回も読んでるみたいですね。

 

読み聞かせをするなら内容は5〜6歳とかドンピシャかなぁと思うのですが、

文量的には小学生にもぴったりだと思います。

 

今度娘に読んでみようかな。

今読み聞かせるとどんな感想持つんだろう・・・

 

 

 

前断られてたくせに・・・ふふ。

 

 

 

ぐはっ!痛いとこついたね、ざしきちゃん!

 

読み聞かせはしたくてもできなくなる時がきますから・・・

今されてる方は大事になさってくださいね〜。

 

 

絵本紹介特集ページに戻る→<★>

ざしきちゃんが登場するゆぎょの物語一覧ページ→<★>

 

 


 

*.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.

 

芦屋市オススメ絵本400選ブックリスト紹介ページは<こちら>

 

秘書のタリーちゃんも使っている、イヌメンZのLINEスタンプは<こちら>

 

ぽちまりもフォローしているイヌメンZのつぶやきは<こちら>

 

アイテム紹介だけじゃありません。入園入学特集<こちら>

 

ポプコレのものがたりは<こちら>

 

裏話や解説でものがたりをより楽しめる!スタッフ解説は<こちら>