こんにちは。
ポプコレスタッフハナコです。

 

今回ご紹介する作品は水上のフライトです。

こちらの作品は、走高跳びでオリンピックを狙えるくらい将来を有望視されていたヒロインが交通事故で歩けなり、そこから今度はパラカヌーでパラリンピックを目指すというストーリー。

 

ちょうど東京オリンピック・パラリンピック開催前の今年6月に公開される予定だったのですが、公開延期となっておりました。

残念ながら今年パラリンピックは開催されませんでしたが、素敵な作品ですのでどうぞご覧になってください!

11月13日金曜日よりロードショーです。

 

それではタリーちゃんとご紹介させていただきますね。

 

 

 

 


 

 

 

かわいいと何やっても許せる……

 

 

主演の中条あやみさん、めちゃくちゃ可愛かったですね。

 

 

最初は、将来を有望視された陸上選手として登場するんだけど、めちゃくちゃ気が強くてずっと不機嫌。

いつも笑顔の彼女しかあまり見たことがなかったからびっくりしたんだけど、怒っててもかわいい……。

 

 

スタイルがめちゃくちゃいいんですよね〜。

でも、トレーニングしている姿はストイックで、カヌーも最初はグラグラしていたのにどんどん上手くなっていく過程が観ていてわかりやすかった。

 

 

だんだん笑顔が増えてくるのもいいよね。

カヌー教室の子供達と一緒に笑顔で頑張っていく様が素敵です。

 

 

頑なだった主人公・遥を中条あやみさんが瑞々しく演じられています。

ストーリーを追うだけでなく「パラカヌー」という競技自体にも興味が湧いてくる作品。

来年、パラリンピックが開催されたらいいなあ。

 

 

 

 

 


 

 

東京って意外と身近に自然があるんですね

 

 

 

改めまして、ポプコレスタッフハナコです。

 

先ほどタリーちゃんと「中条あやみちゃんがいかにかわいいか」という話を熱くしてしまいました(と言っても、かわいいかわいいと言っているだけ。笑)ので、ここではちょっと違う話を。

 

 

今回この作品を観て驚いたのは、

 

東京のスカイツリーが見えるところでカヌーができる

 

ってことです。

 

 

我々地方に住んでいる人間からすると、東京はまさにコンクリートジャングル。

もちろん川もあるかと思いますが、自然ではなく人工的で(カヌーなんてもってのほか)と思っていたのですが、練習風景にはしっかりスカイツリーが写っていました。

なんだかいいですね〜。

 

ちょっといいなあと思って調べてみたら、なんと「TOKYOカヌーツアー」なんてものを発見しました。

意外と身近な存在なんですね。(脱線しました! すみません)

 

 

シングルマザー(遥のお父さんは亡くなっているようです)として、働きながら娘の世話もしなければいけないお母さんですが、近くにこういった環境があって、協力してくれる人たちがたくさんいるのはとても心強かっただろうなあ。

前面に出てこないけどいつも心配して寄り添っているお母さんは、大塚寧々さんが演じられています。

 

ちなみに、カヌーはアウトドアスポーツなので、アウトドアファッションで決めてくる方が多い中、お母さんのファッションはアウトドアに寄りすぎず、とてもいい感じなので、要チェックですよ!

 

 

 

 

※中条あやみちゃんの可愛さは表現できないと最初から断念。ヒロイン不在でお届けしてます。

 

 

 

 


水上のフライト

 

 

 

交通事故で歩けなくなった遥。

心を閉ざした彼女が出会ったのは、パラカヌーという夢

 

 

 

自分の実力に絶対の自信を持つ高慢な遥は、走高跳で世界を目指し、有望スポーツ選手として活躍していた。

だがある日、不慮の事故に合い、命は助かったものの二度と歩くことができなくなってしまう。

将来の夢を絶たれた遥は、心を閉ざし自暴自棄になるが、周囲の人々に支えられパラカヌーという新たな夢を見つける―。

きらめく水面を背景に、母の愛、淡い恋心、恩師との約束・・・そして、大切な人の想いを乗せて、どん底から道を切り開いていく。

 

「超高速!参勤交代」シリーズの脚本家・土橋章宏が、実在のパラカヌー日本代表選手との交流に着想を得て、オリジナルストーリーとして脚本を執筆し、「キセキ あの日のソビト」の兼重淳監督がメガホンをとり、観る者の心の奥底に届く、一人の女性の成長を描くヒューマンドラマが誕生した。

 

 

 

 

中条あやみさん、スポーツ系のファッションが多いこの作品の中で、それでもしっかり着こなしているのは、「さすが!」の一言。

観ている間ずっと「顔小さい!」「腕長い!」「かわいい!」を連発していた(もちろん心の中でです)私でした。

 

 

 

=== DATA ===

 

監督:兼重淳

脚本:土橋章宏

出演:中条あやみ、杉野遥亮、冨手麻妙、高月彩良、高村佳偉人、平澤宏々路、大塚寧々、小澤征悦

 

配給:KADOKAWA

 

 

2020年製作/106分/G/日本

 

 

https://suijo-movie.jp/

 

 

11月13日(金)

梅田ブルク7、 OSシネマズミント神戸、他全国ロードショー!

 

劇場情報はこちらからどうぞ! → 

 

 

 

 

 

スタッフハナコオススメのタリーちゃんのステッカーもどうぞ!

タリーちゃんのシネマダイアリー TOPへ